2017.01.13【社長の日記】平和紙業ヴェラムさん装飾の鳥モチーフのおはなし
2017.01.13 Friday

昨日は、平和紙業名古屋支店 ヴェラムさんの店頭装飾を更新してきました。
 

 

  

  

 

 

 
 

今回は干支の酉年にちなみ、鳥のモチーフとしました。

 
切り絵の基本である、黒のシルエットベースとして、

鳥かごをおうちに見立て、さまざまな鳥たちが暮らしの身近にいるイメージです。

 

あちこちに自由に羽ばたく姿に、ご覧いただく皆さまが、羽ばたく飛躍の年になることの願いも込めています。

 

KirieFabbricaも、皆さまとご一緒に羽ばたける年にしたいと思います。
どうぞ引き続き温かい応援をよろしくお願いいたします。

 
KirieFabbrciaのしあわせきり絵、ペーパーオーナメントは専用のwebサイトにもご紹介しております。

どうぞお気軽にお問い合わせください。
http://kirie-f.com/

 

 
【紙だからできること。いまも。これからも。】
紙をカタチに切るお手伝いをさせていただいております。
紙加工のご相談は、株式会社鈴木紙工所へお気軽にお問い合わせください。
http://suzuki-shikojo.com/   

2017.01.12【社長の日記】名古屋而立会 平成29年度委員会始動のおはなし
2017.01.12 Thursday

昨夜は、所属する名古屋而立会の平成29年度の委員会の第一回顔合わせ会でした。
 

  
名古屋而立会の活動は、4月始まりの年度で幹事メンバーが新たに選任され、各会員も一年ごとに所属する委員会がシャッフルされるのです。
(ちなみに、メンバーの割り振りは、その年の委員長ら幹事メンバーによる非公開ドラフト会議ということで、選ばれる一般会員は決定されてから連絡を受けるというちょっと緊張感ある選出方法です。)
   
まだ平成28年度の活動が3月末まで残っていますが、年明けから新年度に向けた活動が同時並行で行われるようになるのです。
  
 
昨夜の新年度委員会は、一回目の顔合わせ程度の内容ですが、次年度会長の年間テーマがここで下達されました。
 
  
平成29年度は【覚悟と行動】。
 
どんなに素晴らしいセミナーを受講しても、よいと思っても、自社になかなか活かせない人のほうが多いと言われます。
いままで通りではうまくいかない時代になり、変わらなきゃと思ってる人も多いけれど、本当に変われる人は少ないですよね。
 
名古屋而立会の経営者の仲間も、ふだんいろいろな例会に参加し常に学ぶ環境に身をおいているはずなのですが…
学んだことを本当に活かしてるといえるのか。
  
これまでの自分を振り返って、まさにその覚悟が問われる年になりそうです。
  
年の初めに素晴らしい年間テーマをいただきました。
伊藤次期会長のこれからの手腕にも期待されます。
 
平成29年度もしっかり活動し学び行動していきたいと思います。
 

 
【紙だからできること。いまも。これからも。】
紙をカタチに切るお手伝いをさせていただいております。
紙加工のご相談は、株式会社鈴木紙工所へお気軽にお問い合わせください。
http://suzuki-shikojo.com/   

2017.01.11【社長の日記】年始早々ブランディング委員会に出席したおはなし
2017.01.11 Wednesday

そうそう。
先週は、年始早々、所属する愛知県印刷工業組合のブランディング委員会が開催され出席してきました。
 
 

 
愛知県印刷工業組合として、三回目の出展となる【光文堂新春機材展(1/25(水)〜1/26(木)名古屋市千種区 吹上ホール)】への準備の進捗を確認する会議でした。
 

出展内容は、ブランディング委員会の使命である印刷産業に優秀な人材を招きいれるべく、印刷会社の経営者や実際に働く若手スタッフに、就職に関して直接相談できるコーナーを今年も設けます。

  

昨年、初めての試みで設置したところ、来場された学生さんたちより多くの好評価をいただいた企画です。

今年の相談コーナーには、他の委員会の経営者さまにもご協力いただけることになりパワーアップしております。

  

そして、来場アンケートにご協力いただいた学生さんへは「就職虎の巻」をプレゼント。

このプレゼントのために某有名就職情報誌の元編集長さんに陰で協力していただくなど、今回なにかと力が入っています。

 

また、11月に愛知県美術館にて披露したポスターグランプリ2016入賞作品も改めて会場各ブースなどに展示いたします。

 

出展で掲示するパネルやポスターの制作など、着々と準備が進んでいます。
 
 
そして、県下のデザイン系、芸術系の各大学や専門学校・ビジネススクール・印刷を学ぶ高等学校等へ改めて周知活動を行い、多くの学生さんとの出会いを楽しみにしています。

  

 

  

こうした委員会活動は、各会社の経営者のみんなで知恵を絞って、それぞれの役割で汗をかきみんなでつくり上げる行事になります。
知らないことを丁寧に教えてもらったり、これまで経験いたことのないことにもいろいろ経験でき、とてもよい刺激をもらえています。
またそうした委員会活動を通して見聞したことをふだんの仕事に少しでもフィードバックするよう心がけています。
 
 
組合活動は、親睦だけの馴れ合いの会だとかキズのなめ合いとか、負担ばかりでメリットがないとか、よく言われることですが、愛知県印刷工業組合の委員会活動は参加するほどに学びや気づきが多く大変勉強になります。
 
経営についての本はあまたあれど、きちんと人から教えてもらう機会は少ないですよね。自分にとっては、こうした組合活動で経営のイロハをいろいろ教えていただきましたので、業界のために自分ができることをこれからもしっかり活動できたらいいなと思います。
 
 

光文堂新春機材展は、東海地区最大級の印刷業界に特化したイベントとなります。組合出展ブースは、会場一番奥(抽選会場手前)となります。

 
そしてその隣の隣が、当社、鈴木紙工所のブースも出展です。
組合所属の会社さんも多く出展されます。
 
光文堂新春機材展 PrintDoors2017
 
どうぞよろしくお願いします。
 


【紙だからできること。いまも。これからも。】
紙をカタチに切るお手伝いをさせていただいております。
紙加工のご相談は、株式会社鈴木紙工所へお気軽にお問い合わせください。
http://suzuki-shikojo.com/   

2017.01.10【社長の日記】干支メモパッケージのおはなし
2017.01.10 Tuesday

年末に話題にしていた当社のオリジナルメモ帳の今年の酉バージョン。

 

無事にパッケージ化され、年始に間に合いました(笑。

 

 
鶏とひよこのメモ帳が各1冊づつに、卵型のクリップのセットになりました。
 
年始のご挨拶をさせていただきながらお配りしています。
 
お配りしていると、昨年の三猿のメモ帳を覚えていただいている方もいらして、
干支のカタチになったメモ帳を、喜んで使っていただいたことを教えてもらえました。
  
昨年の申年の三猿メモ帳↓
 
 
喜んで受け取っていただける方が増えて、定番にしていけるといいなと思います。
 
 
酉メモ帳は、1/25(水)〜1/26(木)の新春機材展でもご紹介や頒布をする予定です。
どうぞよろしくお願いします。
 


【紙だからできること。いまも。これからも。】
紙をカタチに切るお手伝いをさせていただいております。
紙加工のご相談は、株式会社鈴木紙工所へお気軽にお問い合わせください。
http://suzuki-shikojo.com/  

2017.01.06【社長の日記】2017年営業日カレンダーのおはなし
2017.01.06 Friday

当社の2017営業日(休業日)カレンダーです。

 
    
 
かつては、全スタッフの共通の営業日カレンダーを設定していましたが、
部門ごとに主要なお取引先様の営業日が異なり、週末などの対応に苦慮していた経験から、
数年前より部門別、またシフト別に勤務日を設定するようにしました。
 
それにより、部門ごとの主要なお取引先様の営業カレンダーに合わせることができ、お客様への対応が以前よりもスムースにできるようになりました。
週末、シフト対応するチームスタッフさんには多少の負担をかけますが、チームごとに交互に休みを入れるなど、勤務バランスに偏りがないよう配慮しています。
会社としての稼働率をあげることで、仕事を無理なく仕上げ、売上にも貢献していると実感しています。
  
会社としての休業日カレンダーはこちら。
 
 
それぞれのスタッフの年間休業日98日を確保しながら、会社としては土曜日や一部の祝日も営業するカタチとなります。
誰かは会社にいることになりますので、材料支給は土曜日などでも構いません。
 
また今年の新たな特徴として、ふだん、なかなか時間を取れない研修日や部門ごとの勉強会などを今年のカレンダーにはあらかじめ設定してみました。
部門で1日、全社で1日、また経営計画発表会の日程も組みこみました。
 
カレンダーの計画どおりに行動していけるよう、今年もしっかり励んでまいります。
 

 
【紙だからできること。いまも。これからも。】
紙をカタチに切るお手伝いをさせていただいております。
紙加工のご相談は、株式会社鈴木紙工所へお気軽にお問い合わせください。
http://suzuki-shikojo.com/  

2017.01.05【社長の日記】2017年、年頭のご挨拶のおはなし
2017.01.05 Thursday

この地方は、お正月は天候に恵まれて穏やかな三が日を過ごすことができました。

本日より新年の仕事始めとなります。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 
さて、昨年末に経営計画発表会を行い、さまざまな取り組みについて目標設定しておりますが、気持ちを新たに今年のテーマを今朝の全体朝礼でさせてもらいました。
 
昨年は「丁寧な仕事を心がけよう」と掲げ、
 
・誰もがわかる、わかりやすい表示
・何かあった場合のきちんとした申し送り
・先々のことを考えた仕上げ方法
・不明確、不明瞭な点があった際の確実な事前確認
 
などを特に意識して取り組むことを徹底しておりました。
一年の間、朝礼の都度「丁寧な仕事」について言及していたため、そうした意識が徐々に培ってこれたように思います。
 
今年は、その丁寧さをベースに、『相手の立場にたった仕事をしよう!』といたしました。
 
昨年、会長が亡くなったこともあり、会長が築いてきた当社の歴史を、昨年末の経営計画発表会で改めて披露しました。
そして、振り返ってみると当社がいろいろなご縁に助けられ、いろいろな方に支えられて事業を継続できていることを実感するものでした。
そうした御恩を返しながらこの事業をしっかりと継続発展させていくことが、わたしたちの使命と感じます。
  
  
わたしたちはチームとして、目の前の仕事はそれぞれ違っていても、会社の誰が欠けても発展的な事業の継続はままなりません。
また、会社が頑張ったとしても周りのお客様、協力会社様に支持されなければ継続や存続はできません。
  
そこで、わたしたちには、いつも繋がっている相手がいることを意識していこうと思います。
その相手は、社内では目の前に見える職場の同僚であり、また社外の場合には、それがお取引先とその先のお客様だったり、目の前にいないことも多いですね。
 
今年はそうした見える相手、見えない相手の立場にたった仕事をする。
 
社内・社外関係なく、なにか仕事をすすめるうえで、それぞれ相手だったらまずどう思うか。
どうしてほしいか。
逆にどうされると嫌な気持ちになるか。いろいろな想像力を働かせて仕事を進める。
そんな取組みを意識したいと思います。
 
 
これにあわせて、「Give & Give」の精神、「情けは人の為ならず」というはなしも引き合いにさせてもらいました。
 
「情けは人の為ならず」は、他人への情けは、巡り巡って自分のためになること。
  
また「Give & Give」の精神は、よくいわれる「Give & Take」の相手との双方向のやりとりではなく、自分にできることを常に率先して周囲へ行動することで、それが広く大きく巡り巡って自分や社会をよくすることに繋がるという考え方です。
 
ご縁ある志賀内泰弘さんの「ギブ&ギブの法則」という著書の紹介CMがその考え方を端的に表していますので、こちらにもリンク掲載させていただきます。
 
  
 
 
今年は、会社のスタッフの皆が、こうした目の前の相手や見えない誰かを思って仕事をしていくことで、自らの仕事や生活にもよい影響が現れることを期待しています。
 
どうぞ本年も何卒よろしくお願いいたします。
 

 
【紙だからできること。いまも。これからも。】
紙をカタチに切るお手伝いをさせていただいております。
紙加工のご相談は、株式会社鈴木紙工所へお気軽にお問い合わせください。
http://suzuki-shikojo.com/ 

2016.12.29【社長の日記】第28期 経営計画発表会を行ったおはなし
2016.12.29 Thursday

当社は、本日29日が年内最終営業日です。

 

7月決算の当社ですが、今期になって以降、バタバタとして経営計画発表会をまだおこなえていませんでした。
大部分のお取引先さまが昨日28日で年内の営業終了されていて、少しだけ余裕がありそうだったので、
社内スタッフに午前中に時間をいただき、今期の経営計画発表会を行いました。
  
 
  
 
正社員スタッフよりも、アルバイト&パートスタッフさんの方が多くなってきた当社です。
働く時間帯がまちまち、家庭の事情もまちまちなので、なかなか全員そろっての行事ができなくなっています。
  
ここ数年は、忘年会も納会もできていませんが、こうして全スタッフに向けての経営計画発表会で、皆が揃うだけでも一体感が生まれる気がして嬉しく感じます。
(それでも年末の最終日ということで家庭の事情で参加できなかったスタッフさんもいましたので、個別で説明したいと思っています。)
  

かしこまりすぎるのも話しにくいので、気楽に聞いてもらえるよう、お茶とお茶菓子も準備しました。

 
会長が亡くなった年でもあり、社歴の浅いスタッフさんにもわかるように、これまでの会社の歴史や事業内容の変遷、そして現在の当社ができることも改めて説明させてもらいました。
 
目指す目標、課題、スタッフさんらに取り組んでもらいたいこと…等々。
 

いろんなことを話しすぎて、1時間半の予定が1時間50分になってしまいましたが…。

 

 

 
 

終わって思うのは、あのことも話しておけばよかったとか、もっと伝わる話し方したかったとか…
いろいろ反省点も多いですが、まずは、きちんと会社の状況を共有して、こんな方針で経営していきたいと声にだすこと、言葉にすることが大切かなとも思います。

 

少しでもいい会社にしたいのは、どの経営者も想うこととは思いますが、この経営計画発表会を通して、私の考える会社の方向、あるべき姿を少しでも理解してもらえたらありがたいですね。

 
今年も、スタッフの皆さんはじめ、お取引先様、ご協力会社さま、そして業界関係者様や地域の方々にも、大変お世話になりました。感謝申し上げます。
来年も、鈴木紙工所のできること。鈴木紙工所だからできること。をしっかりと果たしてまいりたいと思います。
 
どうぞよろしくお願いいたします。
尚、2017年の営業開始は1/5(木)〜となります。
ブログもそれまでお休みです。
どなたさまもお身体にはご自愛され、健やかに新年をお迎えくださいませ。
  

  
【紙だからできること。いまも。これからも。】
紙をカタチに切るお手伝いをさせていただいております。
紙加工のご相談は、株式会社鈴木紙工所へお気軽にお問い合わせください。
http://suzuki-shikojo.com/ 

2016.12.28【社長の日記】しあわせきり絵を納品させていただいたおはなし
2016.12.28 Wednesday

先週、しあわせきり絵ハッピーウェディングバージョンを納品させていただきました。

 

 

 
新郎のかつて勤めていた職場の同僚の皆さんからの贈り物。
 
挙式はこの秋に済まされていて、後日の結婚記念プレゼントとしてご依頼いただきました。
 
 
 
挙式当日のお写真を御預りいただけたので、似顔絵のほか、新郎新婦のご衣装、新婦のヘアアレンジも再現しています。
 
新婦さんには、本当にサプライズになったそうで、とてもびっくりして喜んでいただけたそう。
 
温かい職場の皆さんのお心遣いが素敵ですね。
お二人の末永いお幸せをお祈りします。
ありがとうございました。
 

 
【紙だからできること。いまも。これからも。】
紙をカタチに切るお手伝いをさせていただいております。
紙加工のご相談は、株式会社鈴木紙工所へお気軽にお問い合わせください♪
http://suzuki-shikojo.com/

 

2016.12.27【社長の日記】干支メモ(酉)を制作するおはなし
2016.12.27 Tuesday

一昨年から制作している、干支にまつわるオリジナルメモ帳。

当社のオリジナルノベルティとしてご好評いただいております。

 

ひつじメモ帳のおはなし

http://blog.suzuki-shikojo.com/?eid=80

 
さるメモ帳のおはなし
 
そして、来年はとり(酉)ですね。
 
年末ギリギリになっていましましたが…。
 
 
ここにきて絶賛制作中です(苦笑。
酉年にちなんで、鶏と雛のメモ帳です。
 
昨年同様、パッケージにして年始のご挨拶用に使用します。
また、年明けの新春機材展のサンプルとしてもお配りする予定です。
  
果たして間に合うのでしょうか…。乞うご期待ですね(苦笑。
 

    

【紙だからできること。いまも。これからも。】
紙をカタチに切るお手伝いをさせていただいております。
紙加工のご相談は、株式会社鈴木紙工所へお気軽にお問い合わせください。
webサイト:  http://suzuki-shikojo.com/ お問い合わせTEL:0567-52-0409

2016.12.26【社長の日記】お仕事仲間を紹介してみるおはなし・其の五
2016.12.26 Monday

年の瀬に今年もお世話になったお仕事仲間の会社さんを紹介させていただくおはなし、其の五です。

 

今回は、PP加工と紙商さん。

 

 

PP加工【ポリプロピレン加工】(表面に透明樹脂シートを貼る加工)をお願いしているのは、大治町にある 

合資会社中島加工所さん。

iタウンページより

https://itp.ne.jp/shop/KN2300060600539690/

 
紙器パッケージやPOP用など、使用時に表面が擦れて印刷が痛むのを防ぐ目的で、PP加工を施すことがあります。
こちらは、その専門会社さんです。
  
PPをしていない印刷物と、PP加工してある印刷物では、その耐久性がまったく異なります。
  
表面に樹脂シートを貼るといえば、一般にはラミネート加工と似ていますね。
ラミネート加工は、ラミネート材に紙を挟み熱溶着して、周囲に少しラミ材がはみ出すのが一般的ですが、
PP加工は、はみ出さず紙の範囲で収まるので、わたしたちのような後加工もしやすいのです。
 
 
また、PPでも光沢があるグロスタイプと、光沢のないマットタイプがありますので、使用用途に応じて選んでいただけます。
   
最近では、オンデマンド印刷にPP加工する場合もありますが、オンデマンド印刷は、印刷が一般インキではなくトナー粒子になりますので、貼り合わせるPPの種類もオンデマンドに適したタイプを使用することが必要です。
PP加工を依頼するときは、どんな方法で印刷したかをしっかり伝えることが大切です。
 

 

実は、先月亡くなった当社の会長と、こちらの会長さんとは若い頃からとても仲良くさせていただいていました。
仲間5人で?麻雀のお付き合いのほか、仲良く旅行にいったりしてましたね。
世代を超えて、いまでもお付き合いをさせていただいています。
 
いつも特急で対応いただけるスピーディな加工会社さんです。
 
 
 
そして、当社が紙の調達でお世話になっているのが、紙商さんの 株式会社大日商会さん。
 
iタウンページより
  
  
当社がかつて、段ボール加工や板紙パッケージを主体で製造していたころからのお付き合い。
板紙の流通が得意ですが、当社で最近よく使用しているファンシー系の洋紙なども細かく対応いただいております。
 
営業さんもずーっと変わらない担当様なので、紙で困ったことがあると、まずご相談させていただいています。
とても頼りにしています。
 
 
 
さて、この両社。昔からのお付き合いでお世話になっているのですが、ご覧のとおり今もwebサイトを持っていません。
つまり、お仕事が既存先とその紹介だけでずっと成り立っている会社さんなのです。それって凄いことですよね。
 
  
仕事はしっかりされてみえるのに、こうしてwebサイトをお持ちでない紙関係や加工関係の会社さんは実は多いのです。
 
いわゆる「一見さんお断り」といったところでしょうか。
そして、そうしたところほど、技術がたしかだったりもするのです。
  
世の中、すべてがweb検索でわかると思ったら大間違いですね。
こうした業界の深いところでは、やはり人同士の信用が大切になってきます。
信用のネットワークで、困ったときに紹介をいただいたり、相談にのって頂いたり。
 
当社も、そういうwebだけではわからない信用も大切に培っていきたいと思います。
 

    

【紙だからできること。いまも。これからも。】
紙をカタチに切るお手伝いをさせていただいております。
紙加工のご相談は、株式会社鈴木紙工所へお気軽にお問い合わせください。
webサイト:  http://suzuki-shikojo.com/ お問い合わせTEL:0567-52-0409

Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM