2017.02.07【社長の日記】デザインのひきだし第30号のおはなし
2017.02.07 Tuesday

デザインのひきだしって、ご存知ですか。

 
株式会社グラフィック社の発刊する、印刷、紙加工関連のデザイン冊子。
 
株式会社グラフィック社
 
おとなの塗り絵シリーズやグラフィック関連の冊子を発刊するなかで、わたちたち印刷加工業界の注目の冊子が【デザインのひきだし】です。
 
不定期刊行で、その都度テーマ性のある話題で、日本全国テーマと関連する印刷会社や加工会社の取材記事があったり、詳細な工程の説明など、読み物としてもとても為になり面白い内容が盛りだくさん。
 
最近は付録に現物見本がつくことも多く、それらに出稿しているいろんな会社さんの技術力にいつも驚かされます。
 
そんな【デザインのひきだし】の最新号に、ご縁があってここ最近、懇意にさせていただいている合紙加工の『株式会社モリカワ』さんの出稿される付録のお手伝いをいたしました。
 
先日、その完成版をモリカワさんに披露いただきました。
 
 
 
お手伝いした付録はコチラ。
  
『モリカワは、抜いた紙も貼れます』
  
 
印刷紙(グラディア<99>)の『モ』の部分の文字抜きをお手伝いしました。
抜き加工後に、モリカワさんの技術で、緑色の色紙(タントN-65<100>)を貼りあわされています。
 
意外ですが、抜いたあとの紙を貼るのは珍しいらしいです。
こうしたことも発信していないと伝わらないですから、今回、勉強にもなりました。
 
今回の30号は、タイトルに「新しい特殊印刷加工の教科書 108種!」とサブタイトルがつき、あらゆるスペシャル印刷加工を完全網羅とうたっています。
 
みてみると、本当にすごい技術がいっぱいです。
どうやって加工しているんだろう??と不思議にみえるものもいくつか。
  
  
加工のことにはたいていいつもアンテナを立てているつもりですが、今回のいろいろな技術は、本当に目をみはるものが多いです。
まさに、私たちのような紙加工業界の人間にもバイブルになる為になる本です。
 
こうして眺めていると、業界人として羨ましくもあり、負けちゃいられないと発奮材料にもなりました。
 
そして、紙のいろいろな可能性、紙の面白さ、紙の魅力、デザインの魅力がひしひしと伝わってくるので、なんだか嬉しくなっちゃいます。
 
そうした意味では、紙のできることって、こんなにたくさんあることを、一般の方にもぜひ見ていただきたいなって思います。
 
数量限定販売で、税込2160円。
付録つきの初版本は数量限定品で重版しないので、バックナンバーはよく値上がりする本だったりしますよ。
ご興味ある方はお早めに。
 
グラフィック社 詳細ページ↓
 

 

【紙だからできること。いまも。これからも。】
紙をカタチに切るお手伝いをさせていただいております。
紙加工のご相談は、株式会社鈴木紙工所へお気軽にお問い合わせください。
http://suzuki-shikojo.com/

2017.02.06【社長の日記】認知症サポーター養成講座を開催したおはなし
2017.02.06 Monday

オレンジリング(オレンジ色のブレスレッド)ってご存知ですか。

 

それは認知症サポーターの証。

認知症サポーターとは、「認知症サポーター養成講座」を受講した人のことで、認知症を正しく理解して認知症の人やその家族を温かく見守る応援者をさします。

今や65歳以上の高齢者のうち、認知症の人は推計15%で、2012年時点で約462万人に上ることが厚生労働省研究班の調査で明らかにされています。

認知症になる可能性がある軽度認知障害(MCI)の高齢者も約400万人いると推計され、65歳以上の4人に1人が認知症とその猴夙軍瓩箸覆觀彁擦砲覆襪修Δ任后

 

あなたの周りでも、ご家族やご親族、ご友人に、認知症に悩む方やその介護をする方も多くなってきていませんか。
そんな身近な人たちの悩みを理解して、配慮した行動やちょっとしたお手伝いができるといいですよね。

そのためには、まず認知症をきちんと理解することから。

 

認知症の間違った知識や心無い言動で悲しむ人を減らし、地域のみんなが温かく見守り、応援できる。必要なときには手を差し伸べられる。そんな弥富市になると素敵ですよね…。

市民が参加できる素敵な街づくりの小さな一歩を、一緒に踏み出せたらいいですよね。

  
と。
 
そんな想いで、主宰する「弥富を盛り上げるサポーターの会」として、【みんなでオレンジリングをしてみよう!「認知症サポーター養成講座」】を、2/4(土)に開催いたしました。
 
 

  
認知症サポーターになったからといって、何かをしなければならない、どこかに参加しなければならないといった活動の義務はありません。
例えば、認知症になった人や家族の気持ちを理解するよう努め、友人や家族に認知症に関する知識を伝えたり、外出先で困っている人に「どうしましたか」と声をかけたり、仕事を通じて、あるいは隣人として、自分にできる範囲での手助けを行うことが認知症サポーターの役割となります。

 
この講座は、国や地方自治体が推進する「認知症サポーターキャラバン」制度を利用し、弥富市地域包括支援センター 末藤センター長をお招きして講義を行っていただきました。
 
 
 

そして今回、弥富市広報大使の弥富又八さんにもご参加いただき、ご縁あって、現役の介護士さんでありながら、劇団活動もされてみえる中西桃子さんの介護をテーマにしたソングのミニライブを講義前に行っていただきました!

  
笑いあり、涙ありの素敵なライブになりました。特に、三曲目のバラードでは感動で涙する受講者さんが続出でした。

 
 

末藤センター長の講座もとてもわかりやすく、弥富市での実際にあったおはなしを交えての解説は、とても考えさせられる内容でした。

 
そして、これまで開催されている【認知症サポーター養成講座】は、認知症になる確率の高い高齢者自身の方々の参加が比較的多く、予防や早期発見に重きをおいた内容になりがちだったとのこと。

それはそれで大切なことには違いないですが、もっとも重要な、ご家族や地域、職場等で「まわりが気付く」「理解する」「支え合う」が、弥富市ではまだまだ進んでいない状況とのことでした。

 

今回は、SNSの繋がりや地域のご縁あった、幅広い年代層の35名の方と一緒に、サポーターの会らしく【楽しく】【正しく】学ぶ講座になったと思います。

地域を盛り上げるには、まず自分たちの行動から。

4万4千人の弥富市の人口のなかで、たった35人の認知症サポーターの誕生は、ほんの小さな一歩にすぎませんが、それでも確実に踏み出せた一歩となりました。

 
講座終了後、参加者全員でオレンジリングをして記念撮影!
 
 
いかがですか。皆さん、とっても素敵な笑顔でしょ。
 

  
これからも弥富市がもっと住みよく、どんな人にも当たり前に寄り添える街になっていくといいなと思います。

  

引き続き「弥富を盛り上げるサポーターの会」の活動にもご注目ください。温かい応援をよろしくお願いします。

ご参加いただいた皆さま、設営にご協力いただいたサポーターメンバーの皆さん、本当にありがとうございました!!

  
 
そうそう、イベント終了後には設営関係者でライブの中西さんを囲んで、弥富市内のインドカレーのお店で美味しくランチもいただきました。ランチは巨大なナンがおかわり自由なんですって。
  
  
インドカレー サプナ弥富店↓
 
尚、今回のイベントの模様を地元ローカルwebメディア「やっとみつけた弥富」さんに記事にしていただいています。
記事はこちら↓
 
また、2/8(水)には、地元ケーブルTV「クローバーTV」のデイリートピックス内にて、イベントの様子が放送される予定です。
どうぞお楽しみに。

 

【紙だからできること。いまも。これからも。】
紙をカタチに切るお手伝いをさせていただいております。
紙加工のご相談は、株式会社鈴木紙工所へお気軽にお問い合わせください。
http://suzuki-shikojo.com/ 

2017.02.03【社長の日記】海外デザイン雑誌『BranD』に掲載されたおはなし
2017.02.03 Friday

そのきっかけは、ある日突然の香港よりメール。

 
ちょっとたどたどしい日本語で、紙加工のスペシャリストとお見受けして、雑誌に寄稿してほしいと、その雑誌『BranD』の編集者さんから。
 
【BranD】公式webサイト バックナンバー↓
 
いきなり、海外の雑誌に掲載だなんて、なんだか胡散臭いですよね(苦笑。
どうなんだろうなぁ…というか、どう返事をしていいのかわからなくて、しばらく放って思っていたら、その後に会社にまで直接電話がありました。
 
やっぱりちょっとたどたどしい日本語で(苦笑。
 
今回、紙の加工についてがテーマで作成するらしい。
webで検索すると、私の過去ブログで加工事例などがいろいろピックアップされるので、その内容をアレンジする形で掲載したいと。
画像や追加説明が欲しい部分があるので、協力してほしいと。
 
電話までかけてくる本気さを受けて、こちらも気になることをいくつか質問したところ、それぞれ誠実に回答いただきました。
掲載料の負担もなさそうで、面白そうなので、とりあえず進めていただくことにしちゃったのでした。
 
 
先方より要請のあった資料を提出して、待つこと数週間?
紙面が構成できたので、一度校正してほしいと。
 
PDFで送られた内容は、中国語と英語表記のみ。(日本語なし)
 
当然、こちらは中国語はわからないし、英語も自信なく…。
ちょうどそんなタイミングで、翻訳サービスを行う会社の代表さまと知り合いになり、中国語も英語もネイティブでチェックするとのことでしたので、渡りに舟とばかりに依頼をして難をのがれました(笑。
 
名古屋の翻訳サービス、山田翻訳事務所さんの代表ブログ ↓
  
 
そして、とうとう、本当に掲載されました。
本誌の現本も香港からとどきました。
 
  
 
けっこう分厚いです。
 
いろいろな会社さんの?紙加工デザインや制作事例などが載っています。
ちょうど、日本のグラフィック社さんの「デザインのひきだし」のような感じでしょうか。
 
いくつか日本の会社さんも掲載されているようです。それをみて少し安心しました(笑。
 
ちなみに当社の掲載ページは見開き6ページ分。
 
  
  
   
いくつかの加工方法(設備)の説明をして、当社で加工した製品事例を掲載しています。(そのはずです)
詳しくは…何て書いてあるか、私は読めないですけれど(苦笑。
 
 
今回、初めて海外雑誌に載せていただきよい経験になりました。
実は、当社の事業、とくにオリジナル切り絵を企画制作するKirieFabbrica事業は、将来的には海外展開も視野に入れていたりします。
とりあえず、これを海外デビューの一環と思っておきます(笑。
 
 
そんな海外からも声のかかる?当社への加工の相談は下記までお気軽にどうぞ。
 

 

【紙だからできること。いまも。これからも。】
紙をカタチに切るお手伝いをさせていただいております。
紙加工のご相談は、株式会社鈴木紙工所へお気軽にお問い合わせください。
http://suzuki-shikojo.com/     

2017.02.02【社長の日記】スカイプで打ち合わせをするおはなし
2017.02.02 Thursday

実は今年は、会社のwebサイトの見直しを図っていく予定です。

 

当社では、現在ふたつのサイトを運営しています。

KirieFabbricaブランドのwebサイトと、このブログを掲載している会社の公式webサイト。

 
KirieFabbrcia webサイト:http://kirie-f.com/
 
株式会社鈴木紙工所 webサイト:http://suzuki-shikojo.com/
 
どちらも、立ち上げて数年がたち、新しい情報や最近の取組みなどをしっかり反映したいと思っています。
更新は、ちょうどご縁がつながったweb制作会社がしっかり考えていただいているので心強いです。
 
 
その打ち合わせには、web制作会社さんの意向でPCでスカイプを使用することになりました。
  
これだといちいち打ち合わせに移動をしなくて済み、必要な書類やデータもお互いにPCの画面をみながら相談できるので、効率がよいですね。
  
お取引先様でも、スカイプをビジネスの打合せに使用している話は聞いたことはありましたが、これまで自分自身ではプライベートでしか使ったことがありませんでした。
 
いざ実際に仕事でも使ってみると、その便利さを実感しますね。
今後は、お仕事の相談も積極的に使ってみたいなと思います。
 
遠隔地からのお問い合わせなど、スカイプでの打ち合わせをご希望の場合もお気軽にご相談くださいませ。
 

 

【紙だからできること。いまも。これからも。】
紙をカタチに切るお手伝いをさせていただいております。
紙加工のご相談は、株式会社鈴木紙工所へお気軽にお問い合わせください。
http://suzuki-shikojo.com/     

2017.02.01【社長の日記】ローカルラジオFMななみ77.3に出演したおはなし
2017.02.01 Wednesday

今週月曜日に、地元のローカルFMラジオ FMななみ(77.3)に出演してきました。
  
 
最近ご縁をいただいた、地元弥富市の広報大使 弥富又八さんにお誘いいただきまして。
  

  
地元では、約二年前よりSNSでつながった市民の皆さんと『弥富を盛り上げるサポーターの会』を立ち上げして、お茶会や弥富を知るツアーを企画するなど、地域を盛り上げる活動をしています。
その活動をもっとPRしたら?というお声がけをいただきました。
  
又八さんと一緒に出演させていただき、ちょうど、今週末土曜日に「認知症サポーター養成講座」を催すため、その告知やサポーターの会のこれまでの活動などを紹介しました。
  
また、当社の紙加工についても、ちょっとだけ紹介もできました(苦笑。
  
ラジオ番組の出演はこれで二回目となりましたが、生放送で瞬時に言いたいことを言葉に紡いでいくのはなかなか難しいですね。
言いたいことの半分も言えてない気がしますし、もっとわかりやすく、伝わる言い回しができなかったのかとちょっと反省したり。
  
それでも、ふだん経験できない体験で、楽しくおしゃべりの時間を過ごさせていただきました。
 
少しでも弥富のことを興味もってもらえて、わたしたちサポーターの会のことも知っていただけると嬉しいですね。
地域がより住みやすく、みんなが幸せを実感できる街を目指し、市民の立場でできることを見つけながら活動しています。
 
これからも『弥富を盛りあげるサポーターの会』もどうぞよろしくお願いします。
  
市議さんや商店主、サラリーマンなど、さまざまな立場で弥富を愛する方々が集まっています。
ご興味あれば、不定期開催のお茶会やイベントに参加してみてくださいね。
サポーターの会へのお問い合わせも、下記へお願いします。
 

 

【紙だからできること。いまも。これからも。】
紙をカタチに切るお手伝いをさせていただいております。
紙加工のご相談は、株式会社鈴木紙工所へお気軽にお問い合わせください。
http://suzuki-shikojo.com/     

TEL:0567-52-0409

2017.01.31【社長の日記】羽が起き上がる蝶々のメッセージカードのおはなし
2017.01.31 Tuesday

新春機材展で紹介した、蝶々のメッセージカードです。

 
手の温もりで、まるで蝶々が羽ばたくように羽が起き上がります。
 
羽ばたくあの方へ貴方の温かいメッセージを蝶々に託してみませんか。
 
 
機材展で紹介したところ、多くの方が自然に起き上がるメモ用紙に驚き、感動されていました。
 
  
実は先日、このメッセージカードの商品化のお手伝いをさせていただたのです。
 
Rosewindows(ローズウィンドウ)という、素敵な紙のステンドグラスを製作する教室を運営する onde〜(オンド)さん。
 
 
こちらの新しい商品アイテムとして企画をご相談いただき、当社のデザインと紙加工技術で製品化しました。
「パピヨンメッセージカード」は、onde〜さんの販売商品になります。
 
ご購入のお問い合わせは、onde〜さんのwebページからご連絡ください。
 
紙加工、紙製品企画のご相談などのお問い合わせは、下記までお願いします。
 

 

【紙だからできること。いまも。これからも。】
紙をカタチに切るお手伝いをさせていただいております。
紙加工のご相談は、株式会社鈴木紙工所へお気軽にお問い合わせください。
http://suzuki-shikojo.com/     

2017.01.30【社長の日記】地元webメディアに取材されたおはなし
2017.01.30 Monday

先週の新春機材展の開催中に、地元webメディア「やっとみつけた弥富」の「やとみの人々」コーナーの取材を受けました。

 

「やっとみつけた弥富」は知人の小島さんが、ローカルメディアとして数か月前に立ち上げた、地元弥富市の情報を集中して網羅するwebサイトです。

 
やっとみつけた弥富 ⇒ https://yatomi.localinfo.jp/
 
観光情報や、住まいに関すること、地域のできごとなどを中心に、行政情報とはひと味違う市民目線の細やかな情報が掲載されています。
そのなかで、弥富で活躍するさまざな人にスポットをあてて紹介する「やとみの人々」のコーナーのインタビュー取材となりました。
  
とりとめのない雑談のような話から、会社のことや生い立ち、大切にしていること、弥富とのかかわりなど、幅広い項目を記事にしていただきました。
  
内容はコチラ↓
 
【インタビュー】鈴木裕一さん(紙加工アドバイザー)
 
 
 
写真も素敵に撮っていただき感謝です。
 
なんだか気恥ずかしいですが、自分の大切にしていることや弥富への想いなど、多くのひとに伝わるといいなと思います。
ご一読いただければ幸いです。
 
宜しくお願いします。

 

【紙だからできること。いまも。これからも。】
紙をカタチに切るお手伝いをさせていただいております。
紙加工のご相談は、株式会社鈴木紙工所へお気軽にお問い合わせください。
http://suzuki-shikojo.com/     

2017.01.27【社長の日記】新春機材展2017、ご来場御礼のおはなし
2017.01.27 Friday

1/25〜26の二日間に渡った【光文堂新春機材展PrintDoors2017】への出展が無事に終了しました。

 
 
当社のブースにも、大変多くの方々にお立ち寄りいただきました。
 
 
ありがたいことに、知人や取引先さまの訪問も相次ぎ、今回は、なかなか写真を撮る余裕もないくらいでした…。
 
名古屋市工芸高校で印刷を学ぶグラフィックアーツ科の高校生の皆さんにもいろいろ見ていただけました。
 

 
今回は、いろいろな抜き加工サンプルをたくさん用意していました。
多くの方に手に取っていただき、またお持ち帰りしていただけたと思います。
   
紙の抜き加工品の面白さや魅力を感じていただき、紙を何かのカタチに切りたい場合には、当社を思い出していただけると幸いです。
 
まずはご来場お礼まで。
誠にありがとうございました!

 

【紙だからできること。いまも。これからも。】
紙をカタチに切るお手伝いをさせていただいております。
紙加工のご相談は、株式会社鈴木紙工所へお気軽にお問い合わせください。
http://suzuki-shikojo.com/     

2017.01.24【社長の日記】新春機材展の準備のおはなし
2017.01.24 Tuesday

明日1/25(水)〜26(木)の二日間開催される【第53回 光文堂 新春機材展 PrintDoors2017】(会場:名古屋市千種区・吹上ホール)に出展します。
 
 
前日準備日となる本日午前中に、その搬入とブース設営をおこなってきました。
 

 
 
こちらのイベントには、当社は昨年に引き続いて二回目の出展となります。
  
 
【紙だからできること。抜き加工でできること。】
 
たくさんの方々に知っていただくために、今回も紙加工サンプルをたくさんご用意してお待ちしています。
 
ブースでお声掛けいただいたご来場者様には、当社オリジナル干支メモ帳や干支クリップを差し上げます。
※数に限りがございます。ご留意ください。
 
 
 
光文堂新春機材展は、毎年この時期に開催され、さまざまな印刷機械、機材・資材などのハードの紹介、印刷会社や業界関連会社の各社の取り組みのソフトの面など、会場をひとめぐりするだけで業界のトレンドがわかるほど、中部地区の多くの印刷関連会社が出展し、また業界関係者の来場者も多いの一大イベントです。
どなたさまも無料で入場していただけます。
 
詳細は、リンク先をご覧くださいませ。
光文堂公式ウェブページ⇒
 

 

【紙だからできること。いまも。これからも。】
紙をカタチに切るお手伝いをさせていただいております。
紙加工のご相談は、株式会社鈴木紙工所へお気軽にお問い合わせください。
http://suzuki-shikojo.com/     

2017.01.23【社長の日記】体調を崩したおはなし
2017.01.23 Monday

昨日の日曜日、正確には土曜日??

なんとなく調子がよくないなと思っていながら徐々に寒気を感じ、日曜の午後に強烈な悪寒とともに発熱してしまいました。
  
先週は、長女が風邪をこじらせて一週間のあいだずっと幼稚園をお休みしていたので、それがいよいよ移ったようで。
  
熱を測ると最高は38.3度でした。
  
子どもたちは、38度くらいなら意外に平気そうに遊んでたりもするのですが…、
大人はダメですねぇ。もう、寒くて節々が痛いし、何もやる気がおきません。
 
日曜の夕方から一人部屋に隔離してもらい、ずっと厚めのお布団の中で眠り続けました。
途中、寝汗をかいて何度か着替えをした以外は、うとうと眠りの世界。
おかげで15時間くらい休みました。
 
さすがにこれくらい寝ると熱はすっかり下がり、風邪の諸症状が少し残る感じでした。
 
体調を崩したのがお休みの日で良かったと思う反面、お休みだから体調崩したのかとも?
よくいわれることですが、体調を崩すと健康のありがたみがよく分かりますね。
 
 
ここのところいろいろな仕事のことで頭がいっぱいでしたので、よいリフレッシュになりました。
しっかり体調回復させて、またバリバリ頑張ります!
 

 

【紙だからできること。いまも。これからも。】
紙をカタチに切るお手伝いをさせていただいております。
紙加工のご相談は、株式会社鈴木紙工所へお気軽にお問い合わせください。
http://suzuki-shikojo.com/     

Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM