<< 2016.12.29【社長の日記】第28期 経営計画発表会を行ったおはなし | main | 2017.01.06【社長の日記】2017年営業日カレンダーのおはなし >>

2017.01.05【社長の日記】2017年、年頭のご挨拶のおはなし
2017.01.05 Thursday

この地方は、お正月は天候に恵まれて穏やかな三が日を過ごすことができました。

本日より新年の仕事始めとなります。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 
さて、昨年末に経営計画発表会を行い、さまざまな取り組みについて目標設定しておりますが、気持ちを新たに今年のテーマを今朝の全体朝礼でさせてもらいました。
 
昨年は「丁寧な仕事を心がけよう」と掲げ、
 
・誰もがわかる、わかりやすい表示
・何かあった場合のきちんとした申し送り
・先々のことを考えた仕上げ方法
・不明確、不明瞭な点があった際の確実な事前確認
 
などを特に意識して取り組むことを徹底しておりました。
一年の間、朝礼の都度「丁寧な仕事」について言及していたため、そうした意識が徐々に培ってこれたように思います。
 
今年は、その丁寧さをベースに、『相手の立場にたった仕事をしよう!』といたしました。
 
昨年、会長が亡くなったこともあり、会長が築いてきた当社の歴史を、昨年末の経営計画発表会で改めて披露しました。
そして、振り返ってみると当社がいろいろなご縁に助けられ、いろいろな方に支えられて事業を継続できていることを実感するものでした。
そうした御恩を返しながらこの事業をしっかりと継続発展させていくことが、わたしたちの使命と感じます。
  
  
わたしたちはチームとして、目の前の仕事はそれぞれ違っていても、会社の誰が欠けても発展的な事業の継続はままなりません。
また、会社が頑張ったとしても周りのお客様、協力会社様に支持されなければ継続や存続はできません。
  
そこで、わたしたちには、いつも繋がっている相手がいることを意識していこうと思います。
その相手は、社内では目の前に見える職場の同僚であり、また社外の場合には、それがお取引先とその先のお客様だったり、目の前にいないことも多いですね。
 
今年はそうした見える相手、見えない相手の立場にたった仕事をする。
 
社内・社外関係なく、なにか仕事をすすめるうえで、それぞれ相手だったらまずどう思うか。
どうしてほしいか。
逆にどうされると嫌な気持ちになるか。いろいろな想像力を働かせて仕事を進める。
そんな取組みを意識したいと思います。
 
 
これにあわせて、「Give & Give」の精神、「情けは人の為ならず」というはなしも引き合いにさせてもらいました。
 
「情けは人の為ならず」は、他人への情けは、巡り巡って自分のためになること。
  
また「Give & Give」の精神は、よくいわれる「Give & Take」の相手との双方向のやりとりではなく、自分にできることを常に率先して周囲へ行動することで、それが広く大きく巡り巡って自分や社会をよくすることに繋がるという考え方です。
 
ご縁ある志賀内泰弘さんの「ギブ&ギブの法則」という著書の紹介CMがその考え方を端的に表していますので、こちらにもリンク掲載させていただきます。
 
  
 
 
今年は、会社のスタッフの皆が、こうした目の前の相手や見えない誰かを思って仕事をしていくことで、自らの仕事や生活にもよい影響が現れることを期待しています。
 
どうぞ本年も何卒よろしくお願いいたします。
 

 
【紙だからできること。いまも。これからも。】
紙をカタチに切るお手伝いをさせていただいております。
紙加工のご相談は、株式会社鈴木紙工所へお気軽にお問い合わせください。
http://suzuki-shikojo.com/ 

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM