<< 2016.12.20【社長の日記】お仕事仲間を紹介してみるおはなし・其の二 | main | 2016.12.22【社長の日記】お仕事仲間を紹介してみるおはなし・其の四 >>

2016.12.21【社長の日記】お仕事仲間を紹介してみるおはなし・其の三
2016.12.21 Wednesday

今年もお世話になったお仕事仲間を勝手にご紹介してみるシリーズ、其の三です。

 

今回は、
 
太美工芸株式会社さん

 

 
こちらも、名古屋而立会の勉強仲間ですね。
代表取締役社長は、今年世代交代して事業承継をされた、野田さん。
 
こちらの会社さんは、スクリーン印刷の会社さんで、とくにステッカーの印刷を得意とされています。
 
スクリーン印刷ってどんな印刷?と思われた方は、この会社さんのコチラのコラムを参照くださいね。
 
⇒なぜスクリーン印刷なの? http://www.taibi.co.jp/screen/index.html 
身近にあるスクリーン印刷あれこれ http://www.taibi.co.jp/fan_contents_01.html
 
 
ところで。ステッカーとシールの違いってご存知ですか?
私も違いがよくわかってなくて、野田社長によく叱られます(苦笑。
 
主に屋内使用で消耗品として使われるのがシール。
小さなお子さん向けのキャラクターシールなどが想像しやすいですね。
長期間使うものではなく、その場で使用する用途で耐久性はそれほどありません。
 
  
屋外用途や耐候性の高いのがステッカー。製品ラベル、社名ラベル、案内掲示板など、ある程度長期にわたり表示する必要になるものに使用します。
長期間使用するものなので、より印刷品質や素材などしっかり吟味する必要があります。
 
そんなステッカー制作で頼りになるのが太美工芸さんなのです。
 
 
また、一般的な商業印刷(チラシやパンフレット、出版物等)であるオフセット印刷では対応できない紙以外の素材に印刷するには、スクリーン印刷が適しています。
水と空気以外、なんにでも印刷できるといわれるスクリーン印刷ですが、その素材の特性を知っていないときちんとしたものができません。
 
そんな紙以外の素材に印刷する場合や、紙は紙だけどオフセット印刷では苦手な厚さのものだったり、抜き加工後のものだったり…。そういうときに太美工芸さんに相談にのっていただいています。 
当社のヒット商品のファイバークリップも、こちらの会社さんで印刷対応していただけますよ。
 
 
そして、野田社長の凄いところが、学んだことを実践する素早い行動力と、いつの間にかまわりを巻き込む、巻き込み力。  
名古屋而立会だけでなく、スクリーン印刷の団体や異業種交流会Niceというグループの代表を経験されていたりで、さまざまな人との繋がりをたくさんお持ちです。
会の運営で、いろいろな現場や勉強会へ出かけることも多いようですが、その学んだことを自社に落とし込むのもとても上手です。
 
現場改善やwebでの情報発信など、次々に手を打っていかれるスピード感が凄いです。  
それらを自分ひとりで進めるのではなく、スタッフさんと共におこなっていたり、外部のいろいろな方々との協業だったり。
周りにより良い影響を与えながら事を進めるリーダーの姿をいつも学ばせていただいています。
 
オリジナルステッカーをつくりたいときや、(紙でも紙以外でも)スクリーン印刷のご相談は、太美工芸さんにどうぞご相談ください。
しっかり者の野田社長さんが優しく丁寧に教えてくださいますよ。
 
太美工芸株式会社
 

    

【紙だからできること。いまも。これからも。】
紙をカタチに切るお手伝いをさせていただいております。
紙加工のご相談は、株式会社鈴木紙工所へお気軽にお問い合わせください。
webサイト:  http://suzuki-shikojo.com/ お問い合わせTEL:0567-52-0409

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM