<< 2011.11.09 ペーパークラフト工作講座、其の2&其の3 | main | 2011.11.25 レーザーカット加工例【8】切り札名刺(切り絵名刺) >>

2011.11.19 トムソン抜き加工例【7】ウッドラックパネル
2011.11.19 Saturday

 
ウッドラックパネルって、ご存知ですか?

ポリスチレンを主原料とした押出発泡板で、ダウ化工株式会社が販売するスチレンボードの商標ですが、スチレンボードという一般名よりも有名になり、ウッドラックパネルと呼ばれることが多いです。

適度な厚さがあり、色の見栄えが良く、加工もしやすいため、店頭POPなどで使われることが多い素材です。
印刷紙を貼合させて使われることも多いです。

素材の厚みは、3mm〜10mm程度まで様々ですが、今回、この素材に印刷紙を両面に貼合した、4mmのものをカットする依頼をいただきました。






 
実は、当社の打抜き機は、約1.5mm程度の厚みまでの紙しか切ることができません。

ですが、当社には長年培った業界ネットワークがあり、
さまざまな紙加工に関して、それぞれ得意な協力会社さんと連携して仕事を受けることができます。

今回は、普段はぶ厚い段ボールシートなどを加工されてる会社さんに協力いただきました。

数量が比較的少なかったので、トムソン抜きの機械でも、自動打抜き機(オートン)ではなく、昔ながらのガマグチ式のビク抜きで対応です。
ビク抜きに関しては、いづれ別の機会に紹介したいと思います。




話題のスマートフォンの店頭POPになるようです。

スマートフォンならではのラウンドした形状も、型抜きならそのまま表現できますね。

当社では、こうしたウッドラックパネルの加工のお手伝いもいたします。
但し、加工できる厚さと形状や寸法には、多少制約がありますので、よくご相談させていただきたいです。
加工のお問合せは、株式会社鈴木紙工所ホームページよりお気軽にお問合せくださいませ。
HP→ http://suzuki-shikojo.com/
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM