<< 2015.03.12【社長の日記】著名人しあわせきり絵制作のおはなし | main | 2015.03.16【社長の日記】加工別の特徴のおはなし >>

2015.03.13【社長の日記】トムソン型のおはなし
2015.03.13 Friday

当社は、紙カットのプロですが、メインの業務は何かと聞かれたらトムソン型で加工するトムソン打ち抜きと答えます。
その中でも一般商業印刷での洋紙(薄紙)の打ち抜きを得意としています。
その仕事の肝になるの木型(トムソン型)です。
先日の山車ペーパークラフトでお見せしたトムソン型。

  
 
抜き加工では、こうした型を使用して、紙に圧力をかけて切れ込みを入れてカタチにしています。
当社で主に使用する型では、約18mm厚のベニア板に、形状設計通りにレーザーで溝を切り、そこへ刃の高さ約23mmの金属プレート刃を埋め込んで制作されます。木に金属刃をはめ込んでつくるので、木型ともよばれます。

抜き加工会社では、型まで制作する加工会社は少なく、型の制作には、それぞれの地域に木型のメーカーさんもいくつも存在します。

当社も、いくつかの型メーカーさんにお願いして製作していただいております。またお客様から支給されることもあります。
そして、材料となる紙(とくに洋紙)は、湿度や温度の影響を受けて伸び縮みするため、木型を製作する際は、そのレイアウト・位置間隔にとても気を遣います。
印刷データ同様、机上での設計データを基本としますが、位置関係のシビアなデザインの場合は、0.1mm単位での微調整を図ることも多いです。


また、型は、原則ひとつひとつのお仕事に対して、一枚必要になります。
(同じお客様で、印刷内容は別でも同じ形状のお仕事の場合は流用できる可能性もありますが…)
リピートオーダーの場合は、印刷を前回と同じ展開位置で印刷すれば、最初に製作した木型を何度も流用することが可能です。
(逆に、少しでも位置関係を変えて印刷してしまった場合は、木型を改めてつくり直す必要がありますので注意が必要ですね。)

そのため、多くのトムソン打ち抜き加工会社は、木型を保管する倉庫も備えています。
(都度お客さまへ返却する場合もあります。)
 


当社もお客様別、種類別に棚を割り振り、使用した木型を保管管理しています。
ただし、際限なく木型を保管していくと、いくら倉庫があってもたりません。
また基本的に一般倉庫で保管するため、長年使用しないまま放っておくと、湿度や温度変化などで、木型自体が劣化、酸化していきますので、保管にも限度があります。
そこで、当社ではすべての木型の使用履歴をデータ管理し、リピートがなく、未使用期間が3年を経過したものはお客様へアナウンスするとともに破棄対象としております。3年以内にリピートがある木型は、保管して繰り返し使用していくことになります。
(※特別な事情がある場合は、この限りではありません。)

紙の抜き加工会社は、こうした木型バックヤードの管理も大切なお仕事。
お取引先様のその先のクライアント様、さらにその先のお客様の満足のために、見えないところにも、日々さまざな工夫と改善を心がけています。
 

【紙だからできること。いまも。これからも。】
紙をカタチに切るお手伝いをさせていただいております。
紙加工のご相談は、株式会社鈴木紙工所へお気軽にお問い合わせください♪
http://suzuki-shikojo.com/
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM