<< 2015.03.03【社長の日記】ウィルカレッジのおはなし | main | 2015.03.05【社長の日記】合紙品を加工するおはなし >>

2015.03.04【社長の日記】PP貼りのお仕事のおはなし
2015.03.04 Wednesday

最近、トムソン抜き加工のお仕事では、PP貼り加工の手配もセットでお願いされることが続いています。

PP貼り加工とは、ポリプロピレンフィルムに接着剤を塗布し、熱風乾燥した後、紙とフィルムを熱圧着して貼り合せる加工のことで、とても光沢があり、強度も増します。※weblio辞書参照

いわゆるビニール引きといわれる加工ですね。
印刷でのニス引きと同様に、表面の印刷を保護する際にもよく使われ、長く使うポケット付の会社案内表紙や、スーパーやコンビニ、量販店のショップの棚にぶら下げる、スウィングPOPなど販促品の印刷物を、当社ではよくお手伝いします。

トムソン抜きでカタチに切る前に、印刷工程と抜き加工工程の間に行うのが通常です。

フィルムを熱で貼り合せるという点では、家庭やオフィスで使われるラミネート機と似ていますが、フィルム自体がもっと薄いのと、印刷紙全体に貼った後で断裁や抜き加工を行うので、ラミネートとは違い仕上り品の断面に透明の耳はついてきません。
また、数枚仕上げるのにも時間がかかるラミネート機に対し、業務用として大きな機械で対応し、スピードも速く多くのシート数を加工できます。


↓ こちらがグロスPP後に抜き加工を行ったPOP(写真は背面)
  蛍光灯の光が反射していますね。


 

↓ちなみに、こちらがラミネート加工したポスター(写真は背面)、透明の耳がありますね。
 

当社では、外注加工になりますが、こうしたPP貼りの手配のお手伝いもさせていただいております。
グロス(光沢)PP、マット(艶消し)PP、片面、両面に対応します。
※印刷紙の一部にPPを貼る部分貼りには対応していません。

通常はPP貼り+後加工のセットで承ります。
PP貼りのみを希望される場合は、PP貼りの業者のご紹介もいたします。
 
紙加工の業界は、工程が細分化され、こうして工程ごとに会社さんが異なっているのがふつうです。
なので、いろいろな工程の会社さんが関わって、ひとつの紙製品を世の中に送り出していることも多いのですよ。
 


【紙だからできること。いまも。これからも。】
紙をカタチに切るお手伝いをさせていただいております。
紙加工のご相談は、株式会社鈴木紙工所へお気軽にお問い合わせください♪
http://suzuki-shikojo.com/
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM